あうとどあデブ

趣味に生きる学生ニートが気まぐれで何かを書きます。あまり期待しないで下さい。

爬虫類を飼育する上で気をつけて欲しい人工飼料の落とし穴

チョコミントを「歯磨き粉」と言う人の歯磨き粉をチョコミントに変えて虫歯だらけにしたい。 こんばんは、すぐるです。

 

最近知り合いに「トカゲモドキを飼育したいけれど、虫が無理なんだよ……。」という話をされて「そんな虫って無理かな」と思った矢先Twitterで「人工飼料があるから大丈夫だよ!!」(若干誇張してます)みたいなツイートを見かけたので「おいおいそれって大丈夫?」という意味でも書いておこうと思ったのが今日の記事です。

全体量としてはそんなに長くならない予定なので人工飼料で爬虫類を飼育している方・飼育したい方は最後まで読んでいただければと思います。

 

本題に入ると、最近人工飼料の種類もかなり増えてきましたね。

レオパードゲッコーだけでもグラブパイやレオパゲルなどあります。

グラブパイも、レオパゲルも生涯飼育と繁殖までそれ「だけ」で出来るよ!と実験結果が出ている大変優秀な人工飼料です。 かく言う僕もグラブパイを愛用してます。

最初はコオロギも与えていたのですがコスパの問題と管理の手軽さはやはり段違いですね。 お湯入れて混ぜて冷ませば完成ですから当たり前なんですけど笑。

 

僕が良くお迎えさせてもらっているレオパブリーダーさんもグラブパイを愛用しておりほとんどの子がグラブパイ大好きで餌付いているそうです。

 

 

気が付きましたか?「ほとんどの子」なのです。

すべての子が人工飼料の大好きなわけでは無いのです。当たり前ですよね。餌の好き嫌いはありますよ。生きてるんですから。

 

人工飼料の良い点はコスパや管理が高いなど様々ですが、餌付かないと食べてくれませんし餌付いても何かのきっかけに食べなくなることもあります。

最近ではホームセンターの爬虫類コーナーでも「グラブパイ食べます」「レオパゲル食べます」などのポップが貼られていますが、飼育環境が変わって食べなくなるなんてことも勿論無いわけではありません。

 

他にも爬虫類は「拒食」という読んで字のごとくなんですが、餌を食べなくなることが有ります。ヘビなんかは特に多いんですがレオパでもたまにあります。

原因は様々ですがそんな時に「色々な餌を試してみる」ということが必要になります。

もちろん色々な餌というのは【虫】です。

イエコ、フタホシ、ハニーワーム、ミルワーム……。色々な餌用虫がいますがそれをいざという時試せますか?ペットのために虫嫌いなあなたが虫を購入して給餌出来ますか??

もちろん素手で触る必要も無ければ上手く使えばピンセットだけで給餌も出来ます。

 

 

苦手意識がひどいままでいくらピンセットだからといって無理無理という方が人工飼料を頼りに飼育しはじめて大丈夫なのかな……?と今回思った次第です。

僕も最初はコオロギも素手で触るのはキツイわーと思っておりピンセットで給餌していましたが、今ではデュビア(餌用ゴキブリ)を素手で触るのも抵抗はありません。

要するに「慣れ」なんですが、虫を一切排除して爬虫類が飼育できるとは思わないでねって話でした。

 

 

意外と文量多くなってしまった……。

駄文長文失礼しました。最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

これから爬虫類を飼育しようとする人は是非一度考えてみていただければと思います。

虫が無理ならマウス食のヘビなどもありますのでいろいろな爬虫類を探してみて欲しいなと思います。

 

ではまた!

札幌・円山と三角山に登ってきたよ

 

こんばんは、すぐるです。

最近Appleの愚痴しか書いていないこのブログでしたが今回は登山です。

北海道は夏も終わり本格的に秋になってきました。虫も少なくなり適度な温度で絶好の登山日和が続いていますね。

 

今日昼過ぎから札幌・円山と三角山に行ってきました。

予報は60%で雨だったのですが円山では雨に当たることもなく、三角山でも少しだけ雨に当たりましたがびしょ濡れにならずに良かったです(レインウェア買ってから一度も着ていないので試したかったけど…笑)

 

 

2017.09.27

円山 標高 225m

八十八ヶ所コース 標高差:187m

登山開始 14:51
山頂到着 15:18
登り所要時間 27分

下山開始 15:51
登山口到着 16:07
下り所要時間 16分

合計登山時間 43分

 

円山へは有料駐車場(動物園)しか無いので地下鉄で向かいました。

地下鉄駅からは徒歩15分程度で八十八ヶ所コース入口に着きました。

本当はピストンではなく、動物園裏コースにも行きたかったのですが同行者の時間の関係上ピストンになりました。次回は動物園裏コースも行きたいですね。

 

f:id:repslike:20170927222613j:plain

f:id:repslike:20170927222704j:plain

八十八ヶ所入り口にある鳥居とコース中にあるお地蔵さんです。

円山に登るのは10年振りくらいで非常に新鮮でした。

普段三角山、藻岩山を登っているので随分と草木の背が低いなと思いました。

笹が多いので自分が登ってきた道がわかりやすいので達成感を得やすいのかな~なんて。

 

f:id:repslike:20170927222652j:plain

f:id:repslike:20170927222639j:plain

f:id:repslike:20170927222716j:plain

そんな感じで歩くこと30分

 

f:id:repslike:20170927222757j:plain

f:id:repslike:20170927222808j:plain

 

割りとあっけなく登頂。

30分程度休んでから下山しました。

コースタイムの約半分で登り降り出来ました。

 

 

帰ってる途中同行者と「なんか呆気なかったね…あと2往復は余裕だわ…」「これじゃ山じゃなくて丘だね…」なんて会話をして同行者はこの後バイトのため解散。

 

なんか物足りないなと思った僕は何を思ったのか三角山へ。

いつも通りの山の手登山口ピストンです。

 

2017.09.27

三角山 標高 311m

山の手登山口コース 標高差:224m

登山開始 16:56
山頂到着 17:25
登り所要時間 29分

下山開始 17:45
登山口到着 18:05
下り所要時間 20分

合計登山時間 49分

f:id:repslike:20170927222444j:plain

登頂した頃には街はうっすら夜モード。

f:id:repslike:20170927222516j:plain

これ山頂から降りる道なんですけど、スマホカメラの性能が良くて明るく見えますけどかなり暗かったです。安全のためヘッドライト装着していきます。

 

f:id:repslike:20170927222526j:plain

下山中の写真。ヘッドライト付けてもこんな感じ。

f:id:repslike:20170927222820j:plain

f:id:repslike:20170927222549j:plain

 

f:id:repslike:20170927222601j:plain

これ全部同じ場所の写真です。1枚目は登りの最中。

2枚目は下山中(ヘッドライトあり)

3枚目は下山中(ヘッドライトなし)

 

もうね、夜間登山楽しいとかじゃない。誰もいねえ。熊鈴の音と僕の息しか聞こえない。

 

と思ったら藪の中で人間のくしゃみがしたんですよ。

藪の中!!!!!!!!コース外!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何してんの……?と思ったけど山の怪談話が頭の中に浮かんだので振り返らずに下山。

 

いやね、最近日落ちるの早いしなと思って持っていったの正解でしたヘッドライト。

楽しかったけど、単独で夜間登山は怖い。 もう二度としたくないと思いました。すると思うけど。

 

近日中に1000mオーバーデビューしたいと思います 乞うご期待

 

ではまた!



 

ソメワケササクレヤモリの飼育方法、繁殖や注意点などについて

f:id:repslike:20170903213117j:plain

こんばんは。すぐるです。

ここ数日でガッと気温が下がり北海道ではもう夏は終わり秋風が吹いています。

 

さて、今日はソメワケササクレヤモリに関してです。

ブログのアクセス数を見てみるとソメワケに関してのアクセスが結構多くて需要あるんだなぁと再認識しました。

僕自身もソメワケササクレヤモリを飼育するにあたってインターネットなどで参考になるサイト、ブログを見て回ったのですが10年以上前のサイトだったりほんとうの意味での飼育ブログであったり【これから飼育し始める人向け記事】が無くて困った覚えがありました。今回はそんなソメワケを飼育してみたい。でも、どうすればいいの?という人に向けての記事です。

 

最初に注意しておきますがあくまで自己流であってこれが最適解だ!という訳ではありません。実際に自分も最初にペアでお迎えしたソメワケを一匹死なせています。あくまで自己流、自己責任の上お願いします。

 

1.ソメワケササクレヤモリに必要な最低限の設備と費用

あくまで最低限ですがコレさえあればなんとかなるリスト!です。

  • 飼育ケージ(小さめのプラケージでも可)
  • シェルター
  • 水入れ(無ければペットボトルのキャップでも可)
  • 床材
  • パネルヒーター
  • 活餌(コオロギ・デュビアなど)
  • サプリメント(カルシウム・ビタミンなど)
  • 温度計・湿度計

以上です。ひとつひとつ説明していきます!

  • 飼育ケージ

自分はダイソーのシューズケースSとダイソーの園芸用の底鉢ネットで加工して自作ケージを作り、これで飼育しています。ちなみにレオパードゲッコーも同様です。

ソメワケ自体そこまでスペースを必要とする種類ではありませんが、狭すぎても窮屈ですし温度勾配の問題もあるためレオパのベビーなどで使用する極小プラケなどはおすすめしません。

f:id:repslike:20170903213934j:plain

 

  • シェルター

必要リストに入れたのですがぶっちゃけ無くてもなんとかなるものです笑

でも、あったほうが良いのは確実ですね。

自分は特に夜更かしなどで部屋の電気がついている時間が長いのでそういう意味での遮光ややはり落ち着く暗い場所としてあったほうが良いとは思います。

自分はスドーのウェットシェルターを使用しています。

言わずと知れたメジャー商品ですね笑

これがあれば上に水を入れてシェルター内の湿度も保てるので優れものです。

レイアウトケージにしないのであれば間違いない選択だと思います。

f:id:repslike:20170903214609j:plain

 

 

  • 水入れ

なんでも大丈夫です。ペットボトルキャップでも大丈夫です。

ペットボトルキャップでも良いと思う理由は基本的に毎日交換・補充するものなので

容量が少なくても大丈夫だと思うからです。

汚れたらすぐに取り替え出来るし!!!!

 

  • 床材

床材なんですけどぶっちゃけ好みなんですよね…。僕がソメワケ飼うかってなったのは秘密のレプタイルズからなんですけどその作中に床材による個体の色上げ効果が書いてあったんですよね。そこでいろんな床材試したんですけどやっぱりオススメはキッチンペーパー。僕にとっては色上げよりもメンテナンス性だったんです笑。どうしても色上げしてみたい、キッチンペーパーが嫌だと言う人は赤玉土かフロッグソイルが良いと思います。レプタイルサンドのような砂はおすすめしません。誤飲の可能性が高いので。

ただ、赤玉土とフロッグソイルにすると餌がデュビアなどだと潜るんですよね。それでデュビアが実はケージの中にすごい残ってました なんてことになったので僕はやめました。

 

  • パネルヒーター

パネルヒーターは無くてもいいよ笑とか言いません。基本どんだけ暑いところでも持っておけと思います。沖縄とかは無くても大丈夫なのかもしれないけど僕が住んでる北海道では必須も必須。冬はこれと別で暖突も付けますからね。無くても良いとか思って飼育してる人と飼育しようとしてる人は暖房なしで北海道の冬を乗り切ってほしいと思います。きっと室内でも凍死します。変温動物の彼らがそんな極寒の大地で生きていけるわけはありません。買って下さい。

f:id:repslike:20170903213158j:plain

僕はピタリ適温とPTCヒーターの両方使ったことが有りますがぶっちゃけどっちでもいいです。シューズケースのサイズと合うのがピタリ適温なので今はピタリ適温をメインで使っています。

 

  • 活餌

僕はメインでデュビアをあげています。たまにハニーワーム、シルクワーム、コオロギやミルワームなどもあげますが基本的には自家繁殖させている関係でデュビアです。

レオパと違って人工飼料基本食べません。食べることには食べる子もいますが基本食べないことを想定して虫が無理という人は飼育しない方が良いです。

基本ダスティングしてからピンセットであげていますがピンセットから食べない子もいるのでバラ撒きの子もいます。

 

自分が使用しているのはマルベリーです。

f:id:repslike:20170903221238j:plain

変な色してますけどコレ一個で足りるので重宝してます。

他にはレプラーゼとマルチビタミンを別途用意しています。これは体調崩れて下痢の子や拒食になった子用なので普段は使わないです。

 

  • 温度計・湿度計

僕は一括管理しているのとウェットシェルターを使用していることもあって個別のケージに温度計などはいれていません。ですが、初めて爬虫類を飼育する方や慣れていない方は個別に温度計などをつけることをおすすめします。

温度計はケージ内につけるものよりも赤外線温度計で表面温度を測定したほうが良い気がします。自分はサーモスタットの温度計と赤外線温度計で測定しています。

 

 

繁殖について

自家繁殖はまだ始めたばかりなので、わからないことだらけですが……。

まず繁殖ペースなんですがレオパと違い一年間で複数回卵を産めます。一年で3回から4回で1回で6個くらい産む気がします。

ペアリングはクーリングなどは特に必要ないと思います。相性さえ良ければ同じケージにいれてからものの3分でおっぱじめます。確実に産ませたいのであれば数日間同じケージにいれておくと良いかもしれません。

抱卵確認してから大体3週間くらいで生み始めると思います。卵の管理はレオパと同じでハッチライトで卵の上下に気をつけて管理して下さい。孵化温度は25度程度でも孵化します。北海道の夏であれば室温で孵化しますがパネルヒーター直上だと良くないので気をつけて下さい。1ヶ月半から2ヶ月で孵化します。

孵化した後のファーストシェッドが終わり次第僕はデュビアのチビをバラ撒きで食べさせています。

湿度は高めに設定しておいています。割と床材のキッチンペーパーはびちゃびちゃです。

その後の成長についてはまだ孵化したばかりなので不明です。分かり次第追記か別の記事で書きたいと思います。

 

ソメワケササクレヤモリを飼育するにあたっての注意点

ソメワケを飼育する人は多分他の爬虫類を飼育している人が多いと思いますが、初めて飼育するって人にもわかるように書いていきたいと思います。

  • すばしっこい
  • 噛む力が意外と強い
  • 基本ハンドリングは考えないほうが良い
  • ジャンプ力がある
  • 趾下薄板が発達していないがあるので蓋をする

大まかにこの4つだと思います。

 

レオパと違ってかなり動きが早いので同じと思っていると逃げられます。マジで。

あとハンドリングや掃除のときに掴むと高確率で噛まれます。しかもレオパと違ってマジ噛みが多いです。

ハンドリングは考えないほうが良いです。ベタ慣れ個体もいますが

ジャンプ力かなりあります。シューズケースなんてお話になりません30水槽とかなら飛び越えるかもしれません。 蓋必須です。趾下薄板もほぼ同じです。蓋必須。

 

 

 

すっごいグダグダな飼育方法の記事でしたが、要点は抑えてあるのでは……?(自画自賛

ソメワケササクレヤモリはメジャー種ではありませんし、ハンドリングも基本出来ません。ですが、それを押して余る程飼育していて楽しい種類です。

是非この記事を読んでソメワケを飼育してみてほしいと思います。f:id:repslike:20170903213135j:plain

今日孵化したうちの子です笑。

 

 

わからないことや、聞きたいことなどあればブログにコメントまたはTwitter(@sgr_repslike)にリプライ、DMお願いします。

藻岩山 初登頂

2017.08.23

藻岩山 標高 531m

慈恵会コース 標高差:479m

登山開始 15:25
山頂到着 16:20
登り所要時間 55分

下山開始 17:06
登山口到着 17:49
下り所要時間 43分

合計登山時間 1時間42分

 

 

 

 

 

 

 

今日は藻岩山に登ってきました。

f:id:repslike:20170824001713j:plain

慈恵会コースピストンです。

 

暑かった。ひたすらに暑かった日でしたが、晴れてるしせっかくだから登るか!と思い行ってきました。

実は一週間前くらいに旭山記念公園コースを馬の背到達前にリタイアしていました。

理由としては

・ズボンが普通のジーンズ。汗を吸って大変なことに。

・虫除け対策一切していなかったため、蜂やら何やらに追いかけられトレランもどきに笑

 

こんな感じで30分近く炎天下をジーンズで虫に追われながらランニングするということに。

 

今日はバッチリ対策していきました。

前日にダイソーで見つけた携帯用蚊取り線香を炊きながら虫除けスプレーもしていきました笑

登りは蚊取り線香に火が着いておらず虫が結構多かったですが、下りは全くと言っていいほど寄り付きませんでした。恐るべし蚊取り線香

f:id:repslike:20170823221644j:plain

f:id:repslike:20170823221630j:plain

支笏湖4名山もしっかりと見えました。

三角山、藻岩山、円山を登ってからは支笏湖4名山にも手を出してみたいなぁ…と思いました。

 

yamap.co.jp

YAMAP始めました。よろしければフォロー等して下さい!

 

次回は円山かなぁ

札幌 三角山に登ってきました。

f:id:repslike:20170821204244j:plain

 

 

時間測り忘れました笑

 

今日は三角山に登ってきました。

 

コースもおぼろげながらしか覚えてない体たらく…。

そんなに体力が…というわけではなく単純に記録やら写真やらを撮り忘れました…。

近々また登ると思うので改めて別の投稿で詳しく紹介していきたいと思います。

 

f:id:repslike:20170821204258j:plain

今回は昼過ぎから登り始めだったため食後でした。

山ご飯はまた今度…。

f:id:repslike:20170821204309j:plain

その代わり山コーヒーを飲んできました!

でもね 分量間違えてうっすーいコーヒーに。酸っぱさしか感じない。笑

f:id:repslike:20170821204323j:plain

下山時はしっかりと一番上まで紐通し。登るときは一番上をあけると登りやすい仕組みになっているのをこの前知りました。

 

 

なんていうか何の話やねんって記事ですが許してください…。

また近いうち今週か来週に別の山登ってきます!そのときにはもっと写真撮ってきます…。笑

snow peak ギガパワーストーブ地 オートを買ったよ!

こんばんは。

今回は登山のお話です。

 

登山でも、登山ギアのお話。

 

僕の家では僕が小さい頃から毎年キャンプに行っていたので、コールマンのストーブがあったはずなのですが見当たらず。安くはない買い物だけれど、これから登山するということで思い切って登山向けのストーブを買ってみました。

f:id:repslike:20170821205031j:plain

前日に秀岳荘に行ったときには今回購入した地はありませんでした。

 

なんでこの地にしたの?ってことなんですが父親からの猛プッシュと第2候補だったプリムスのP-153との価格差ですね。

 

Amazonで購入したのですが、届いた日はあいにくの雨。

なんだか悔しいので家の前でご飯を食べることに。

f:id:repslike:20170821204400j:plain

用意したのはカップヌードルの真空パックになっているもの。

クッカーはモンベルアルパインクッカー 2つセットになっているものです。

実はこの前北広島のアウトレットに行った際に購入していました笑

f:id:repslike:20170821204538j:plain

これがギガストーブ地。 うーん小さい。(使用前撮るの忘れました…使用後なので少し色が変わっています)

f:id:repslike:20170821204426j:plain

ガスは家で中途半端になっていたコールマンのガスを使います。

f:id:repslike:20170821204348j:plain

沸かします!!!

f:id:repslike:20170821204449j:plain

f:id:repslike:20170821204515j:plain

 

完成

 

ワカサギ釣りのときも思いましたが外で食べるカップヌードルって格別ですよね!

今度は山の上で食べたいですね。

f:id:repslike:20170821204503j:plain

使用後の変色ですがこのようになります。

品質には問題ないですね。

かなり早く冷たくなるので食べ終わってから恐る恐る触りましたがほんのり温かいくらいでした。 やるなスノーピーク

f:id:repslike:20170821204526j:plain

クッカーの裏の変色は見られませんでした。

これから使い込んでいくと変わっていくのかな?

 

ガス+ストーブはすっぽりとクッカーに収まります。

 

はやく山で食べたい…。

ソメワケササクレヤモリが孵化しました。&ブログ名変更のお知らせ

ご無沙汰しております。

 

前回書いた「ソメワケササクレヤモリの交尾を目撃してしまった」とは別の子から生まれました。

北海道で爬虫類飼育している方なら既に御存知のイベント「Jack」の第一回目 大曲店でお迎えした子が抱卵していましてCBではなくFHということになりました。

 

なのでこの子は純粋なノーマルだと思います。

まだチビで可愛いなぁって感じなんですが成長していくと立派に僕の指を噛んでくる子になるかと思うと複雑なような…。

f:id:repslike:20170817162804j:plain

 

そしてブログ名変えました。

いろんな趣味していて爬虫類に限定するのもなぁーと思った次第です(本当は趣味毎のブログとか考えたんですが単純にめんどくさいため)

最近では爬虫類関係で仲良くさせてもらってる方と釣りに行ったり山に登ったりしています。そこらへんもちらほらブログに載せれたらと思います。

 

ではまた